ナビゲーション
「科学的な体重管理で長期的な健康維持」
ソース:北京市衛生健康委員会
日付:05/24/2024

2024516日、北京市衛生健康委員会の指導の下、北京市コミュニティ衛生協会、北京コミュニティ健康促進会が主催し、北京市東城区衛生健康委員会と北京市東城区コミュニティ衛生サービス管理センターが企画した「世界家庭医の日(519日)」をテーマとする公演は、東城区文化館で開催された。

国家衛生健康委員会基層衛生健康司の張並立二級巡視員、北京市衛生健康委員会の王建輝副主任、東城区人民政府の佟立志副区長などの幹部が出席した。市内のコミュニティ衛生サービス機関の家庭医とコミュニティ住民の代表、合計200人余りが公演に参加した。

国家衛生健康委員会基層衛生健康司の張並立二級巡視員は挨拶で、人々の健康増進に尽力してきた家庭医とすべての医療従事者に高い敬意と祝日の挨拶を捧げた。また、「今後、各レベルの衛生健康・行政部門は連携を強化し、家庭医との契約保障メカニズムを改善することで、人々により質の高いサービスを提供する。また、医療従事者はサービス能力を向上させることで、人々に全方位、全ライフサイクルの質の高い健康サービスを提供し、健康北京、健康中国の建設に尽力する」という期待を述べた。

北京市衛生健康委員会の王建輝副主任は、北京市の家庭医チームが住民の健康を守る成果と無私の献身精神、偉大な医療精神を全面的に肯定した。また、「家庭医チームは分級診療体制の確立を促進し、サービスの流れを最適化し、積極的な健康サービスを提供する上で重要な役割を果たしている」と強調し、「今後、基層部の衛生従事者たちは家庭医契約サービスの最適化により献身的に取り組み、熱意をもって努力を続けている」という期待を述べた。

会場では、全国五一労働勲章、首都五一労働勲章受賞者、首都労働賞受賞機関の代表に花束が贈られた。基層部の優秀衛生部門の代表が壇上に上がり、聴衆から温かい拍手と高い敬意を受けた。

会場では、全市各区の基層部衛生従事者たちは自分で脚本・監督・出演した番組で「世界家庭医の日」の公演に参加し、素晴らしいパフォーマンスで世界家庭医の日を記念した。国家衛生健康委員会と北京市衛生健康委員会の幹部は「北京市家庭医契約サービス革新・実践訓練基地」を授与された優秀なコミュニティ衛生サービス機関に表彰盾を授与した。2024年、北京市の合計10カ所のコミュニティ衛生サービス機関は「北京市家庭医契約サービス革新・実践訓練基地」として承認され、北京市の家庭医契約サービスのモデルを構築し、家庭医契約サービスの質の高い発展を促進する上で革新の道を開いた。

 今回の公演を通じて、北京市の家庭医の魅力と専門性を十分に展示し、家庭医の優れたイメージを確立した。同時に、より多くの住民から家庭医契約サービスへの理解と支援を獲得し、契約サービスの品質向上に向けて良い社会的雰囲気を作り出した。