ナビゲーション
北京市衛生健康委員会、首都衛生健康思想・文化宣伝の建設強化に関する会議を開催
ソース:北京市衛生健康委員会
日付:04/26/2024

4月15日、北京市衛生健康委員会は首都衛生健康思想・文化宣伝の建設強化に関する会議を開催した。北京市中医薬管理局、北京市病院管理センター、各区の衛生健康委員会、北京経済技術開発区社会事業局、各三級病院、直属機関の宣伝部門責任者が会議に出席した。

会議では、首都衛生健康思想文化建設指導グループの職責と関連業務について紹介し、「中共北京市衛生健康委員会の首都衛生健康思想・文化宣伝の建設強化に関する計画(2024~2026年)」を詳しく解釈し、次の段階の任務について指示を出した。

会議では、首都衛生健康思想・文化宣伝の建設を強化することは、国家衛生健康委員会と北京市党委員会の関連精神を実施する具体的な措置であり、新時代の衛生健康事業の改革と発展を推進する現実的な必要性に応えるものであると指摘した。北京市衛生健康委員会党委員会は、全体的な計画を制定し、高いレベルで計画を推進し、首都衛生健康宣伝思想・文化建設指導グループを設置し、「首都衛生健康思想・文化宣伝の建設強化に関する計画(2024~2026年)」(京衛権益[2024]1号)を制定・発表した。

 会議では、各機関の宣伝部門は責任を強化し、ハイレベルで基準を堅持し、首都衛生健康思想・文化宣伝の建設推進に努めるよう要求した。具体的には、一、思想への理解を統一する。各機関の宣伝部門は関連任務を高度に重視し、政治意識を向上させ、より高い視点と広い視野で問題を解決する。習近平「新時代の中国の特色ある社会主義」思想を指針とし、衛生健康改革の重大問題に焦点を当て、理論学習、研究・解釈、成果の商業化を強化する。二、全体的な計画を強化する。各機関の宣伝部門は体系的な計画を立て、統合的に思考し、各部門の機能的位置づけを明確にし、思想・文化宣伝建設の方向性と効果を絶えず向上させる。三、各任務をしっかりと遂行する。各機関の宣伝部門は実施計画を策定し、任務リストを明確にし、スケジュールに従って、首都衛生健康思想・文化宣伝の建設を厳格に推進しなければならない。